週刊和風猫本舗(2021年10月1日)

こんにちは。就労移行支援所利用者の相原です。
秋が近づき季節の変わり目で最近は服装の調節が難しい毎日です。最近よく座る席にはいつもコアラ君がいてとてもかわいいです。

【現在進行中の課題について】

最近わたしは敬語について勉強しています。勉強の目的は将来必ず必要になってくるマナーでもあるからです。敬語の勉強するまえの自分はしっかりと正しい敬語が使えていると思っていました。なぜならアルバイトの面接や仕事中に、年齢関係なく年下の方にも敬語で話していたからです。しかし就労移行支援所でいざ目上の方と打ち合わせをした時、正しい敬語を使えていなかったことを知りました。勉強した敬語を使って実際に面接練習などもしました。伝えたいことを事前にWordを使ってまとめ、文章の構成をしっかり練って練習に挑みました。間違った敬語を使ったときはその都度指摘して頂きました。アルバイトの面接と就職の面接は全く違うもので、緊張の中でもしっかり正しい敬語を使うことは簡単なようで難しい事を知りました。敬語についてしっかり勉強することは就職するうえでとても大事なことですので引き続き頑張っていこうと思います。

【自身の障害との向き合い方】

就労移行支援所では就職に向けての課題だけではなく、自分の障害とどう向き合っていくかの相談ものってくださいます。私はストレスを感じるとお腹が痛くなったり、物忘れ、電車などの交通機関は緊張して冷や汗や呼吸が浅くなったりします。しかしだからと言って周りは必ずしも助けてくれるとは限りません。自分自身でそういう時にどんな対処をすべきか理解しておく必要があります。電車に乗るときは、音楽を聴いたり、動画などを見ると落ち着きます。物忘れは、メモを取ることが大事です。そうやってこれからも自身の障害にしっかり向き合っていこうと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です