週刊和風猫本舗(2021年9月24日号)

https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjizY7Z0aTsAhWLzYsBHctyCz8QFjAAegQIAxAC&url=https%3A%2F%2Fxn--0tr664bhxiv4oht0a.com%2F&usg=AOvVaw2XHyB40zX9U2SUBuo9AEpd

こんにちは、以前にも週報を担当させていただきました。利用者のÑです。

涼しくなったと思いきや、まだまだ残暑が厳しいですね。最近は四季というものがなくなっている気がします。暑いうえにコロナで暗いニュースばかりで

明るいニュースを探している今日この頃です。

和風猫本舗での自身の作業内容

和風猫本舗の可愛い猫さんたちの写真を使い、2022年の和風猫本舗カレンダーの作成をグループワークで行いました。どのようなカレンダーを作成するのかを皆でアイディアを出したり、コミュニケーションを取って、それぞれの目的が混在しないように、一人一人の個を尊重し、互いの考えが一致したところで、officeソフトのパワーポイントを使い、それぞれの作業に取り掛かりました。

カレンダーの作成順序を決め、カレンダー表紙、挨拶ページ、お店情報(裏表紙)、中面上部、中面下部の5つの箇所の担当を決めて各自で作成を行いました。週に一度のペースで打ち合わせを行い、カレンダー作成用に使用する写真の装飾や、画像を挿入した後の細部の微調整など、ミスや漏れがないかを細部まで確認をしました。カレンダーの打ち合わせでは、司会、進行、議事録の三つの役割を週ごとに担当をしました。自分が最も苦手とするのは、進行役で、特に複数人の前で言葉を発するのはかなり緊張しました。

表情に乏しい自分は、それを改善すべく聞き手に視線を向けたり、声のトーンを上げたり、特に伝えたいことは身振り手振りを加えたり、適切なタイミングで相槌、うなずきを入れるなどの、相手の話を聞く姿勢を大事にしました。

自分が体調不良で通所を休んでしまった時や、カレンダー作成途中でパソコンのデータが何らかのトラブルで保存されていなかったなどの予期せぬこともたくさんありましたが、皆で協力をして助け合い感謝をすることで、自分も相手も安心して相互間の問題をスムーズに解決できました。協調性はチームワークで活動するには欠かせない要素であることを学びました。

元々集団行動に対して消極的だった自分がこんなにも楽しくグループワークに取り組めたのも、周りの方々のおかげです。何事も受け身にならずに意思表示することで、問題が解決するということを今回のカレンダー作成で学びました。自分自身で考え取り組んだ末に得られた喜びは大きかったです。

自分の進路はまだ定まってはいない状況ですが、沢山通所をして自分と向き合いながら社会通念を学んでいこうと思っています。

ではまた!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です