週刊和風猫本舗(2021年5月7日号)

こんにちは就労移行支援所(和風猫本舗)利用者の山田です。GWも終わりのんびり休めたので張り切って作業していきたいです。

(自分事ですが、毎日子供の面倒を見ていて逆に疲れた部分もありますが(T_T))

和風猫本舗での作業内容

・通所してはじめの作業では、ルーティンワーク「猫のおもちゃの整理整頓・清掃」からはじめています。5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)を意識した作業で、おもちゃについた猫の抜け毛や汚れを拭き取ったり、今はコロナも流行っている為、猫にも安全なAP水というものを使いおもちゃの除菌をしています。

AP水とは除菌・消臭効果があり原料が水と食塩で出来ているらしく猫が舐めてしまっても安全な除菌水です。

・パソコン作業では、5月のイベントがまだ先ということもあって、主にExcelを使っての作業がメインでした。「関数」を使っての表を作る練習問題をしていました。パソコン初心者の自分には何が何だかさっぱりで「関数?」な状態ですが、理解するのに毎日頭を悩ませています。パソコンを使った事務作業を希望して就労移行支援所に来ましたが、就労できたときにうまくやっていけるか不安ですが、焦らずに少しずつレベルアップを不安を自信に変えていけたらと思っています。

春、子猫が増えてきた。そして驚きの早産と悲しい別れ

・「春は出産の時期で子猫が多くなるよ」と入った時に言われていましたが、捨て猫だった子猫達を保護して来たりで、最近子猫が多くなってきました。

5月6日の朝、スタッフさんが猫のケージを清掃しているとあやめちゃんが出産していたようです。しかしまだ妊娠2週間ほどの早産だったため生まれたときには亡くなっている状態でした。母体のあやめちゃんもまだ月齢9ヶ月ということなのでまだ早かったのでしょうか?生まれた赤ちゃんたちはまだ形も未熟な状態でとても可哀想でした。

生き物ですからいろいろありますが、今後生まれてくる赤ちゃん猫たちが無事健康に生まれてきてくれると嬉しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です