週刊和風猫本舗(2021年2月4日号)

はじめまして和風猫本舗スタッフBです。

2月2日から通所することになりました
A様のお話をそのまま以下に投稿致します。


これまで別の就労移行施設を約1年6ヶ月間利用しておりましたが
先月末購読中の読売新聞の広告にネコの写真が大きく
写っているチラシがあり一読して目を奪われました。

ネコに会いに行きたくなり施設に電話してみたところ
体験会へのお誘いがあり行ってみることにしました。

行ってみると凄く優しそうなお若い女性の施設長の方が
懇切丁寧に猫のことや施設利用注意点、就業支援についてなど
話してくださいました。

その結果、帰宅後すぐに翌日から通所しようと決断しました。

たくさんのネコ達に囲まれて気持ちを癒してもらいながら
じっくりと将来を見据えて「和風猫本舗」に通います。

(代筆、和風猫本舗スタッフB)

 


 

こんにちは、就労移行支援所「和風猫本舗」利用者の宮崎です。
突然ですが、今週の「個人的和風猫本舗ニュース」をお届けします。

通所当初からお気に入りだった長老が里親さんのところへ今週末からトライアルに行くことになったのです!

このHPでもトップページに長老のお顔がドカンと乗っていますね。
利用者的にはお馴染みのにゃんと言ったところでしょうか?

思えば和風猫本舗で一番最初に名前を覚えた猫でした。

今では施設にいる全員の顔と名前を覚えましたがそれでも長老はやっぱり特別思い入れがあります。

落ち着きがあって人懐っこくて甘えん坊で撫でてくれと目の前で横になるけどお腹を触るのはNGだったり…

知らずにお腹をワシャワシャして
ガシッと掴まれて後ろ足でゲシゲシ蹴られて
腕がボロボロになったのもいい思い出です。

やるときはやる。僕は長老。

和風猫本舗は保護施設なのでこういった出会いもあれば別れも当然あります。

そんな日常もお伝えしたくて今週は自分の担当週ではなかったものの後半を勝手に乗っ取っちゃいました。

でも一番はやっぱり猫ちゃんの幸せですから。
そういう気持ちでこれからも頑張りたいですね。

それでは一週間お疲れさまでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です