週刊和風猫本舗(2021年10月22日号)

こんにちは!就労移行支援所「和風猫本舗」の利用者の宮崎です。

10月なのにまだ暑い日が続くなんて言っていたら、急に寒くなって困っちゃいますね。秋ってもっと穏やかなイメージがあるんですけど、ここ数年はちょっと暴力的なくらいですよね。きっとこれからどんどん寒くなっていきますから、体に気をつけていきましょう。

そして今回のアイキャッチはちゃーちゃんです。最近はコアラ君がアイキャッチの比率が高いようなので、変化球を投げてみました。

アイキャッチは変化球でも記事の内容は変化なしのストレート、「作業報告」と「個人的ニュース」の二本立てでお送りします。どうぞお付き合いください。

作業報告

今回はいくつか並行して実施している課題の中で、個人的に紹介したいと思っていたセルフケアシートについてお話します。就職後に就労移行支援から切り替わる、就労定着支援という少し先の期間までを意識してこの課題に取り組んでいます。要は職場定着のための自己管理のツールを利用してみましょうという課題です。

一言にセルフケアシートといっても、軽く調べても様々なフォーマットが存在します。おそらく有名なものは川崎市のK-STEPでしょう。しかし、週間活動記録表などと呼ばれるものの方が僕の想定に近いです。これまた様々なフォーマットがありますが、手帳の1日が1時間ごとに区切られているものをイメージしてもらえればと思います。ただ結論から言うと、どちらも僕が記録したい情報をフォローできないため、セルフケアシートは自作することになりました。

実を言うと、僕は普段からスマートデバイスでそれなりに運動量や睡眠は記録しています。ただ、その日の体調の詳細や食事時間などは記憶にとどまるかどうかでした。これらの要素は自己管理の上で必要だと思い、記録として残して振り返れるようにセルフケアシートを作成しました。

作成したセルフケアシートと実際の記入内容(一部ぼかし)

現物を見てもらったところで、意図について説明したいと思います。先程も述べた通り、当初は想定に近い活動記録表を参考に、1時間ごとに詳細に記録が取れるものを作っていました。ただ、実はその形式では過去に挫折して雑に記入してしまった経験があるため、継続して使えるかを考えた結果でこのような記入しやすいレイアウトになりました。ポイントは1日を3分割して変化を記録できることで、これにはK-STEPを参考にしました。僕は自律神経周りに不安要素があるため、睡眠の記録を重点的にしつつ、影響を受けやすい天候も記録するようにしました。

こうして記録を残すことで、自分の経験に頼るだけでなく、客観的に自分を見ることができるようになります。不調の際は、このセルフケアシートを基に話をすることで相談をスムーズに進められます。実際、最近は記入したセルフケアシートを見ながら支援員さんとやりとりをしています。目標は最低で就職後半年間の運用ですが、長期的に記録が蓄積していけば…不調のきっかけや対処法も整理しやすくなるかもしれませんね。

個人的ニュース

前々回の担当回では書類選考に臨んでいること、前回の担当回では最終選考を終え結果待ちと、お伝えしました。

そして今回は……
おかげさまで内定を頂いて就職が決まりました!と、お伝えすることができます。感謝です。

IT業界なので、和風猫本舗では少し特殊かもしれませんね。僕としては里帰りというかリベンジというかそんな感じです。

ところで就労移行支援は2年まで利用できますが、僕は今年の1月から利用して10ヶ月でここまで来たことになります。改めて振り返ってみると、和風猫本舗を利用してよかったと思います。正直言って一人で求職活動をしていたら、今頃どうなっていたかわかりません。

和風猫本舗は……とにかく猫がたくさんいます!当然ですが、猫ちゃんたちは生活指導も就職支援もなーんにもしてくれません!それどころか作業を邪魔されることもあります(笑)それでもなんだか助けられていたような気がして、こんな就労移行支援って他にはないんじゃないかなって思っています。

参考になるかどうかはわかりませんが、僕の担当回を見て頂けるとなんとなく成長というか変化というか、和風猫本舗で得たものがわかるかもしれません。もし就労移行支援の利用を検討されている方がいれば、ぜひとも和風猫本舗の見学や体験に来てみて欲しいです。

ということで地味に宣伝もしつつ、そろそろお別れの時間です。ちなみに僕の担当回はおそらく今回が最後です。

これまでお世話になった皆さま、本当にありがとうございました。
そして皆さまのご健勝とご多幸をお祈りしております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です