週刊和風猫本舗(2021年12月3日号)

こんにちは。就労移行支援所利用者のNです。和風猫本舗に通い始めて5か月半が経ちました。

梅雨時の6月中旬から通い始めてからあっという間に12月になります。冬が始まり、寒さが厳しくなるころですが、僕にとってはとても過ごしやすい季節であります。夏は嫌いなので、このままずっと冬であってほしい。このまま厳冬期を迎えて、日本が寒帯気候にでもなって、氷点下の澄んだ空気を味わいたいです。

僕にとっての唯一の冬のデメリットと言えば、日照時間が短いので、日の光を浴びる時間が少なくなってしまうことくらいでしょうか。日の光は特に朝日を浴びることで脳内でセロトニンという物質が分泌されて、幸福感を得られたり、ストレスを緩和してくれたり、脳が覚醒して1日のパフォーマンスを上げてくれるらしいです。かなりのデメリットかもしれませんが、やはり夏季の多温多湿な環境はいくら日照時間が長くても耐え難いものです。

和風猫本舗に住んでいるキジトラのきゅうちゃんが冬太り?をして、より可愛さが際立っています。

基本脱力系で、1日中眠っているし、起きている時も怠そうというか、面倒くさそうにしている表情がたまらないです。自分が猫を好きになるきっかけを作ってくれた猫であり、昔は犬派だった僕が猫派に傾倒しそうな勢いです。いや、もうなんならきゅうちゃんが好きなのです。

https://xn--0tr664bhxiv4oht0a.com/

作業報告と現在の目標

最近は少しだけ物忘れや注意散漫も改善されてはいるのですが、まだまだ油断は出来ません。

僕の持っている特性のADHDは生活習慣が乱れやすいので、本当に少しでも油断していると、物忘れや、所持品の紛失があります。

通所日は最初にExcelのツールを使って健康管理表を作成して自身の睡眠時間と一日の体調を細かく分析をしています。同じ当事者の方や、専門家の方々は皆、口を酸っぱくして、”最低6時間は睡眠時間を取るべき”とおっしゃっていて、それを出来るだけ実践して、Excelの表を使って数値化し、6時間未満になってしまった場合には表の数値の部分をグラデーションカラーで塗りつぶして、備考欄でその日の行動、心身に何があったのかを細かく分析しています。

自分でも不思議とスマホのリマインダーに持ち物リストを作成したり、何か他のことをしている時でも、思い立ったら忘れ物をしないようにすぐに身支度、持ち物管理を自発的にするようになりました。

作業報告は今も悪戦苦闘中のMOS模擬試験です。

着々と正答率は上がってはいるものの、資格取得のための合格ラインには到達出来ていないと思います。特に自分は、グラフと関数が苦手で演算記号や長い数式の文字の羅列を見ると混乱してしまい、未だに長い数式の計算は記号を間違えたり、参照する場所がわからなかったりすることがあります。

グラフに関してはやっと操作方法を理解することが出来ました。これは一つの進歩であります。作成したグラフから、編集を加えたり、データ軸を入れ替えたりする作業は、自分にとっては複雑であり、特に表が多い膨大なデータの売り上げ推移などのテンプレート問題は不正解が多いです。

しかし、1か月前に比べ平均正答率が55~60%だったのが、75%~80%になり、多少なりとも上達しました。最近は問題文とその意味を丁寧に読むことを心がけており、Excelを知るというよりかはMOSが推奨している、問題文をただ暗記してしまっている気がするので、MOSの模擬試験とは別で、同じExcelで正答率の分析表を作成しました。

模擬試験に出題されている5つのジャンルがあり、”ワークシートやブック管理” ”セルやセル範囲のデータ管理” ”テーブルとテーブルのでデータ管理” 数式や関数を使用した演算の実行” ”グラフ管理”があり、一つ一つ何が原因で不正解だったのかを表にして、そこからテキストの問題を再度復習したりしています。何が苦手なのかがわかるようになって、特にIF関数は自分でシートを作成し表を作り、テキストのテンプレートを元に応用練習を繰り返すことで、演算記号をある程度覚えられるようになり、苦手意識も無くなってきたように思えます。

ADHDとの向き合い方

感覚がとても過敏で、雑多ものが溢れていて、日々の流れに摩耗していき、同じものを見ているはずなのに、同じ場所にいるはずなのに、聞こえてくる音、感じ方、考え方、伝え方、生き方が何もかも全部違くて、他人にそれを理解してもらうことも難しいと思います。

周りのフツウが僕には出来なくて、時には塞ぎ込んでしまうこともあります。ただ理解して貰おうとも考えないようにもなりました。これから社会生活を送るには、自分の特性と向き合っていく必要もありますが、必要以上に特性に抗わずに、出来ないことよりも、出来ることに着目していき、それらに対して肯定的にフィードバックして「これは出来た!」という体験が自信となり次へのやる気に繋がると思います。たとえそれが小さなことでも自分を褒めるべきだとも思います。

ADHDは

物事をやり遂げるのが難しい→切り替えが早い! 

順序立てることや整理整頓が難しい→色々なアイデアが思いつく!

質問が終わる前に答えてしまう→反応速度が速い!

など最近は悪いことばかりではなく、ポジティブに捉えるようにしています。

ではまた!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です