就職先 業界一覧

・ペット業界

・福祉業界

・小売業界

・事務職

※その他の業界に挑戦した方も支援計画を作成し全力でサポート致します。

ペット業界

ペット業界で働きたい人は「動物が好き」という人が集まっているので、ペットたちに囲まれて仕事ができたり、ペットのための商品に携わることができることに、満足感を感じている人が多いようです。

働きながら動物の体調の変化に気づけるようになったり、仕事を続けるうちに知識を身につけられることは、成長を感じられやりがいにつながります。

また、ペット業界は今後も市場の拡大が予想されているため、安定した仕事が期待できます。

現在ペットの飼育頭数は減っている傾向にありますが、ペットの長寿化に合わせた健康志向に伴い、1頭あたりの消費額は上昇しています。

ペットフードはより素材や味、栄養にこだわった高級化が進められ、ペットの室内飼育率の上昇に伴って、トイレシートやニオイケアグッズなどの販売額が拡大しているのです。

専門知識を活かし、ペット業界に参入する異業種の企業も増えているので、ペット業界に関わるチャンスは増えそうです。

福祉業界

高齢者の増加により、今後も需要が確実に拡大してく業界です。

また、福祉は家族や知人達だけのサポートでは負担が大きくなる場合が多く、専門のスタッフの需要は年々高まっています。

介護では家族で分担したことにより仕事を長期で休まなければいけなくなり、社会生活に影響が出たり、「介護疲れ」で精神的に追い詰められてしまうという現象も起きています。

そのような中、専門的な知識や経験を有したスタッフの補助を行い高齢者のサポートをすることで、高齢者自身だけでなく、その家族の負担を減らすことができます。

そしてサポートを行う過程で手が不自由だった人が、手を動かせるようになったり、寝たきりの人が起き上がれるようになったりなど、高齢者の自立を支援できるという面においても、社会的に重要な役割を担う業界です。

小売業界

小売業界は基本的に消費者や社内の人と接することが多いので、社交的な雰囲気の人が多い傾向にあります。

たとえば、世話好きな性格だったり、人に親切だったりする人は、小売業界に向いていることでしょう。

また、消費者のニーズをくみとって、売上につなげていくのも重要な仕事なので、流行やトレンドに敏感な人も多いです。

もちろん、根本的に商品を売ることに喜びを感じられる人が多いので、提案能力や対応力のある人も多い傾向にあります。

一方で、休日や深夜にも営業している店舗も多く、販売職になると立ち仕事も多いです。

また、人と接する仕事が多い以上、クレームやトラブルはさけては通れません。

逆にいうと、信頼関係を築くのが上手かったり、誠実な対応ができたりする人が多いといえるでしょう。

事務職

事務職の仕事はほぼすべてがパソコンを使って行われます。事務職に転職・就職をしたいのであれば、「ウィンドウズ(Windows)」パソコンの基本操作や、業務で頻繁に利用される「エクセル(Excel)」「ワード(Word)」の使い方は、最低限、理解している必要があります。正確にすばやく書類を作成するために、タイピングの練習が必要になります。

また、会社によっては各業務に専用のソフトを使用している場合があり、操作方法を入社後に覚えなければならないこともあります。初めて目にするソフトを前にして、拒否反応を示さない程度のパソコンスキルや知識は必要不可欠です。