『週刊和風猫本舗2022年1月14日号』

はじめに

就労移行支援所 和風猫本舗に通所して、半年になりますKです。
残念ながら、暖冬となりませんでしたね……。

そして、4年ぶりの雪で積雪となりました。
ただただ、私にとって過ごしやすい季節である春が待ち遠しい限りです。

ちなみにですが、春に咲く花に「桜」をイメージする方は多いと思いますが、

花言葉は、「精神美」「優美な女性」「純潔」のようです。

課題内容について

私の一番の欠如は、自分の障がいを理解していなかったことです。

私は体調が悪いということが基本なく、食欲もあり、睡眠もきちんと取れている、お薬の服用もありません。

体調が良いことと障がいは全く別で、和風猫本舗に通所をしなければスルーしていたことが、コミュニケーション課題などを通して、自分自身と向き合うことができました。

自分と向き合うことは簡単な様で難しく、過去から遡り、向き合っていくことになります。

支援員さんの指導を受けながら、どう向き合ってそれを形にしていくか、何度も振り返り相談を致しました。

「自分自身と向き合う」ことで、自己理解(障がい特性、その対処法、他者に依頼したい配慮)を体調面・業務面・対人面から理解を深めていくことができました。

そして、現在は就労に向けた「5W1H」「5S」「集中力」「時間を意識した実務」「作業効率を高める」など常に目的を意識して課題を行いながら、自己理解や希望職種・その理由など暗記ではなく、自分の言葉で言えるように反復練習を行っております。

現在の悩みは、働きたい職種=興味がある職種が複数あり、福祉関係、動物関係、食品製造などに関するお仕事ですが、的を絞れておらず、今後就職活動に専念となった場合、就労移行支援員さんと相談をさせていただきながら、

適職が天職となり、就労定着できるように今年初めから気を引き締めて通所をしております。

最後に

まだまだ、冬は続きます。今からでもいいので、暖冬になってほしいと心から願います。
そして、次回は就職活動状況が報告できることを願って!

それでは、Kでした!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です