『週刊和風猫本舗(2021年12月10日号)』

【ご挨拶】

こんにちは、Kです。

就労移行支援所 和風猫本舗に通所して、早くも五ヶ月が経過致しました。

イチョウも黄葉し、寒い日もありますが、日中の暖かさに救われる日々です。

【課題について】

私は就職するにあたり、これまで課題として「Word」や「Excel」を中心にパソコン学習を行ってきました。

現在次のステップ課題に移行し、就職をより意識した課題に取り組んでいます。

「コミュニケーション力」「気づき」「自己理解(自身の特性とその対処法)」が主な目的で、

最終着地点は、『聞き直すことで、会話のキャッチボールができるようになること』になります。

私は自分の障がいについての自己理解ができていなかった為、例えば面接で自身の特性やその対処法、企業側へ配慮頂きたいことがわからず聞かれても答えられない…、なぜなら、いつも体調は良好で病院通院もない為、ほったらかしで自己理解を気にしたことがありませんでした。

しかし、体調に問題がないことと障がいは別で、就職活動をするということは、自己理解が大切ということを改めて知ることができました。

また、質問をされた際や、診断テスト・オリエンテーションなどで言葉が難しいと、かみ砕いて頂かないと理解ができず、会話中やわからないことがあると黙ってしまう傾向があります。

年明けから就職活動を希望する私にとって、直面した課題。

この課題は正直理解が難しく、苦手とするところで、四苦八苦しておりますが、

診断テストから傾向を調べていき、グループコミュニケーションや支援員さんたちとのキャッチボールを意識した会話など、少しずつ自己理解を深めているところです。

【最後に】

果たして、この冬は暖冬となるのでしょうか??寒い、暖かいが代わりばんこで結果、暖かい日が多ければ良いです。オミクロンが流行らず、元旦から初詣に行きたいですね。混むのは、嫌ですが・・・。私は、欲しい色のお守りをゲットしたいと思います。

それでは!Kでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です