『週刊和風猫本舗(2022年3月11日号)』


はじめに

就労移行支援事業所 和風猫本舗に通所して、7か月になりますKです。暖かい日が続いていて、すっかり気分は春です。

私は、トカゲやヤモリ、カエルなどが好きで、いよいよ出てきてくれる!と楽しみにしております。
何かメッセージがあるような、スピリチュアル的な感じがして好きなのです。

トカゲは、とても心配な事がある私の元に現れました。2日間、家の中にいました。(多分、ニホンカナヘビ)その後も何度も外で会いました。(同じトカゲかはわからないですが)生き物に出会うと、どういうメッセージがあるのかをネットで検索しますが、ほぼわからないです(泣)。ですが、いい事と捉えています。犬や猫も、スピ的存在。メッセージに気付ける人間になりたいです。

その為にも、仕事に就きたい。波長を上げたい。他人ではなく、自分が一番怖いと思う事・・・難しいですね。スピリチュアルと言えば、私は神社に行くのですが、昔、愛犬と一緒に神社に行った時、周りをあちこち見て落ち着かなくなった事があり、こちらにはわからない存在が見えるのだと感じました。神社って、難しい場所ですね。



課題について

就職活動に入って、3か月弱経ちます。・・・なかなか難しいです。先に進まない。ですが、進めていい事は必ずとんとん拍子で進むらしいので、縁がなかったのだと開き直ろうと思います。仕事内容を身の回りのお世話に変更しましたが、それでもコミュニケーションは必須です。

猫本舗では、コミュニケーション課題として野良猫ウォッチングというものがあります。目的は①体力の向上②自己表現力を伸ばしていく、です。
私の参加目的は、報告の仕方を学ぶ事と、見たことを伝える能力の向上です。一度参加した時、ただ、いませんでしたという報告の仕方をしてしまいました。いつ、が伝えられませんでした。沈丁花を見たのに、場所をメモしておらず、詳細どこで、が伝えられませんでした。

次に参加する時は5W1Hを意識し、メモを取り、より詳細な報告をしたいです。もし猫ちゃんがいないなら、花や植物の特徴や見た場所、ルートにあったお店などの報告をします。ただ、やっぱり隠れているのを見つけてみたいです。車の下を入念に見たいです。(変な人に見られぬよう、ささっと。)

野良猫ちゃんを見たいなら、早朝や深夜がいいらしく、是非その時間帯にやってほしいです。(無理ですね。)

これから、和風猫ウオッチングも始まります。ターゲットの子を絞って、今日の様子などを支援員さんに報告します。
引き続き、支援員さんとの会話のキャッチボールを意識していきたいと思います。

最後に


人って、自分が興味のある人の話しか関心が持てないものだと思います。支援員さんは、こちらの話を引き出してくれます。
それでも距離が近くなり過ぎては、駄目。福祉のお仕事の難しさを感じます。
この週報も難しいです。文章を考え、削除するを繰り返す。それなのに・・・。


手紙の文章内容は相手の記憶に残るけれど、メールなどの文章内容は相手の記憶に残らず、文章の量だけが記憶されるようです・・・。
しっかり相手に思いを届けるには、手紙を書いた方がいいということになりますが、私が最近書いた手紙は、簡潔に書き過ぎて、思いを伝えるには程遠かったです。伝えるって、難しい。
それでは!Kでした。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です